title2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶のおいしい入れ方と楽しい方 サロンド・K♪

皆さん!紅茶のアールグレイの由来って知ってますか??

紅茶ってほとんど産地の名前が付けられているそうなんです。
そういえば、アッサム、ダージリン、ジャワ、ウバ・・・ほんとだ!
でもアールグレイは違う。人の名前なんですって。
その昔、東インド会社が貿易を始めたころのお話。
インドへ行っていたグレイ伯爵が、ベルガモットを香りづけした紅茶を好んで飲んだので
「アールグレイ」と名づけられたそう。
「アール」とは「伯爵」という称号だそう。(伝承にはさまざまな説があるらしいですが)。

へ~!

このような興味深い歴史の話を交えながら、
サロンド・Kのティーセミナー「紅茶のおいしい入れ方と楽しみ方」は始まりました。
本日は第2弾!

講師は日本紅茶教会認定ティーインストラクターの秋山桂子先生。

salon-de-k1web.jpg


おいしい紅茶とは①香り、②味(爽快感と渋みとコク)、③水色(できあがった紅茶の色)のバランスが大事なんだそう。
あ、この「水色」は『みずいろ』と呼んではいけません。『すいしょく』と読むそうです。

紅茶はティーポットを使って入れます。茶葉はティースプーンで計ります。
「1人分の茶葉は2.5g~3g。ご自分で、ティースプーンのこのくらいなんだな、と大体の感覚をつかんでおくとよいですね」
と先生。

salon-de-k2web.jpg

また
「お湯は必ず沸騰直後の100℃の熱湯を使うことがポイントです。でもやかんはホーローがはげたり、鉄瓶はやめてくださいね」と。

なんで~??

「鉄の成分が出てしまいお茶が黒くなってしまうんです」

あちらこちらから「そうなんだ~、知らなかった~」と声が上がります。

また、ポットやカップを湯通しすることも大切なんだそう。

さあ、ポットに茶葉をいれて、いよいよ熱湯を注ぎます。

わ~~~!!茶葉が上にいったり下にいったりしてるぅぅ!!

salon-de-k3web.jpg


これをジャンピングというらしい。おもしろ~い。


2分半~3分蒸らしてポットをスプーンでひとかきし、茶漉しを使って別のポットへ移して仕上げます。
この時の最後の1滴をゴールデンドロップと言うそう。
これを入れると味がしまっておいしく出来上がるんですって。

この後、ミルクティー、レモンティー、シャリマティーのそれぞれのおいしい淹れ方や
手軽なティーバッグのおいしい淹れ方も教えていただきました。

シャリマティーって何?と知らなかった私。
どうやら紅茶にオレンジスライスを入れたものらしい。

salon-de-k4.jpg

インドのムガル帝国にあったシャリマという花園。
紅茶に浮かんだオレンジが花びらのよう、とその名がつけられたんですって!
なんだかロマンチック~

「オレンジはバレンシアがGoodです。ネーブルは皮から渋みがでます」

ふむふむ。

さあ、いよいよクリームティーの時間。きゃ~、待ってました!
スコーンとミルクティーの組み合わせをクリームティーというんだそうです。

salon-de-k10.jpg


さっき教えてもらったとおりに体験のみなさんが挑戦です。

皆さん、頑張ってくださいね!

salon-de-k5.jpg


お~、すご~い。みんなきちんとやっている。

茶葉のジャンピングもできています!

salon-de-k6.jpg


正しいテーブルセッティングの仕方も学びます。

正しいマナーはカップと同じマットを使うのが原則。
教室ではウェッジウッドのものを使用。

わ~、かわいいマット!カップも素敵~。

salon-de-k7.jpg


でも「実習というより、アフタヌーンティーを楽しんでいただきたいんです」と先生。
みんな紅茶とお菓子をいただきます。
紅茶を飲んだ皆さんからは
「え~、家で飲むのと全然違う~。おいしい~」
と歓声が飛び交います。

salon-de-k8.jpg

どれどれ、わたしもひとくち・・・、んっ!ほんとだ~。
かすかな渋みとコクがあり、でも爽やか!ひと手間かけるだけでこんなに違うの!?

ティースタンドに用意されたお菓子はスコーン、ショートブレッド、それに
先生お手製のバナナケーキ!
「バナナケーキ、しっとりしてておいし~」
目で楽しい、食べておいしい。話もはずみます。

salon-de-k11.jpg


紅茶には素朴でシンプルな焼き菓子が合うのだそう。

「ダージリンにはカステラがおススメですよ」
と、先生も甘いものに目がないそうです。

体験のみなさんは
「なんだか優雅な気分になりますね。今回参加して本当によかった」
「前から紅茶に興味があったので参加しました。
テーブルウェアやお菓子なども参考になり楽しめました。
次回もぜひ参加したいです」

「紅茶の保存方法や、靴箱やタンスの脱臭剤の代わりに
なることなども教えていただきためになることばかりでした」

などなど、大好評でした。


この体験教室のお土産に、チェルシーガーデンティーのリーフティーとティーバッグをいただきました。
「よ~し、今度お友達を招いておいしい紅茶でもてなそう!」と意気込む私です


次回の体験教室は3月19日(土)13:00~15:00
春のアレンジティーと素敵なティータイムを開講!
オレンジティーやアップルティーを楽しめるそうです。

楽しみですね~

サロン・ド・K

小田原市栄町1-5-22 
ナックグレース館2階
TEL 0465-24-2211
営業時間/11:30~16:00
スポンサーサイト

紅茶のおいしい淹れ方とクリームティー体験

サロン・ド・K
百貨店のファッションフロアの一角にあります。
紅茶販売は毎日行ってますが、
ティーサロンは毎週土曜日のみの営業という隠れ家的な雰囲気
今回は、ここで

紅茶のおいしい淹れ方体験です。

講師は日本紅茶教会認定ティーインストラクターの秋山桂子先生。

salon1.jpg

ジョークを交えたお話がとてもお上手です。
そのお人柄と先生の淹れる紅茶がおいしいことから
サロン・ド・Kに毎週のように通っていらっしゃる常連のお客様も多いとか。

レッスンは
まず紅茶についてのお話から始まりました
製造方法や産地、保存方法や効用などなど。
紅茶はにおいの吸着性が強く、冷蔵庫は厳禁なのだそう。
逆に言えば古くなった茶葉を靴箱に入れれば脱臭剤として使えるのです


参加者の皆さんは普段から紅茶を自宅で愛飲されている方ばかり。
というわけで紅茶のおもしろい使い方を披露してくださる方も。
紅茶が大好きで毎晩、紅茶を飲んでいる方が
残った紅茶で寝る前に家族全員うがいをするというのです。
紅茶は抗菌作用があるのでのどにもいいそうです。
その他、生活習慣病予防やダイエット効果も!


「でも私は紅茶は必ず甘い物と一緒に飲んじゃうので
今のところダイエット効果はありません!?」と先生。

そう。おいしい紅茶を飲むと、ついつい甘いものが欲しくなりますよね

さて、楽しいお話の後は、

紅茶の淹れ方のデモンストレーション

おいしい紅茶の基本は香り・味・水色(できあがった紅茶の色)のバランスだそう。

最初に絶対やってはいけない淹れ方を見せてくださいました

茶漉しに直接茶葉を入れ、ティーカップを下においてお湯を注いでできあがり。
私、家でこれに近いやり方で飲んでます・・・

「茶葉が開いてないので香りや味の有効成分(タンニン)が何も出ていません。
これはただの色つきのお湯です」と先生。

さらにこれで2番茶3番茶を入れていくとタンニンの渋みだけが溶け出してしまうそうです。
次に正しく淹れた紅茶と比べてみることに

salon2.jpg

右が正しく淹れた紅茶ですが、見かけはほとんど変わりません。
ですが、香りを確かめてみると・・・
「全然違う!!」
と参加者のみなさんから驚きの声。
茶葉も確認

salon3.jpg

右が正しく淹れた紅茶の茶葉。茶葉がしっかり開いています。

茶葉を開かせて、
紅茶に含まれるタンニンの適度な渋みとコクを出すには
温度を下げないことが大事なのですって。

なので、
ティーポット、茶漉し、できればティーカップも
あらかじめ湯通しして温めておくことが大切
なのだそうです。

salon6.jpg

温度を下げないよう、細心の注意をはらい
テキパキと紅茶を淹れる秋山さんの手さばきに思わず見とれます


デモンストレーションの後は参加者の皆さんが実践。

まずは茶葉をティースプーンで量る練習。
一杯あたりティースプーン一盛り(約3g)が標準

計量器を使って3gを手と目に覚えさせる特訓です。

salon10.jpg

先生は3gをすぐに計量できました
が、参加者の皆さんは
「難しい~」と言いながらもワイワイと楽しそう

沸騰直後の熱湯を茶葉を入れたポットに注ぎ、蒸らします

salon8.jpg

この間茶葉がジャンピングして有効成分が溶け出すのです。

salon7.jpg

茶葉が生きているように上下に動いていてビックリ
時間になったら茶漉しを使って別のポットに移して出来上がり。

salon5.jpg

この時最後の一滴まで残さず移すのがポイント
最後の一滴は
ゴールデンドロップといって紅茶をおいしく仕上げてくれるのだそう。

salon4.jpg

さらに先生はティーパックでのおいしい淹れ方も教えてくださいました。

この他にもお家で紅茶を気軽に楽しめる
ちょっとしたポイントを随所で披露。

「まだまだ教えてあげたいことがたくさんあるんだけど、時間が足りない~」と先生。

すごーく勉強になりました

最後においしい紅茶をいただきます

今回はクリームティー体験。

クリームティーとは
イギリスの伝統的な喫茶習慣の一つで
スコーンとミルクティーのセットのこと。


スコーンにはクロテッドクリームとジャムが添えられます。

salon11_20110106213435.jpg

ティーカップなど食器はウェッジウッドで統一され、
スコーンなどのお菓子は
ティースタンドに乗せられて優雅なひととき。

バナナケーキは先生の手作りだそう
皆さん自然と笑みがこぼれます。

スコーンはスコーンナイフで二つに割って
ジャムなどを塗って手で食べるのが正式な食べ方です。

紅茶は一杯目は自分で淹れたダージリンティー。

「家で飲むのと全然違―う!!」
「ちょっと手間をかけるだけでこんなに違うの~」

と皆さん感激

ティーポットの材質の話や、ロイヤルミルクティーのミルクを入れる順番など
紅茶のいろいろな質問が飛び交い、たいへんな盛り上がりよう。

二杯目は先生が入れたオレンジを浮かべたシャリマティー。

予定時間が過ぎ、自由解散となった後も
話がはずんで皆さんくつろいだ時間を過ごしていらっしゃいましたよ!

「次も必ず来ます!!」
「次回は何をテーマにやるんですか?」
「バナナケーキの作り方も教えてくださーい」
とすでに、次回の話にも進んでいました



サロン・ド・K

小田原市栄町1-5-22 
ナックグレース館2階
TEL 0465-24-2211
営業時間/11:30~16:00
ティーサロンは毎週土曜のみ営業
(販売は常時)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »






おだわらふれあい体験市場とは?

小田原商店街の愉快なメンバーが、プロの技を惜しげもなく伝授してしまおう! そして小田原ファンになってもらおう!ということで始めた「おだわらふれあい体験市場」 あなたも体験レッスンに参加してプロの技術を習得してみませんか?! お申込みは小田原箱根商工会議所まで!

Author:小田原商工会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
体験告知・参加者募集 (19)
魚国商店 (2)
きゃとるふぃーゆ (0)
寿庵 (1)
グリル木の実 (3)
菜こんたん (2)
サロン・ド・K (2)
スズアコーヒー店 (2)
田中屋本店 (1)
だるま料理店 (2)
中戸川ボタン店 (2)
菜の花 (1)
白牡丹 (1)
ハニル館 (2)
古屋花店 (2)
松屋 (2)
マルツォ (2)
ヤブタ塗料 (2)
その他体験レポート (0)
志村屋米穀店 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。